タレ目のメイクアップ方法のポイントはアイライン

タレ目の女の子って、なんだか可愛いですよね。最近では、そんなタレ目メイクが流行しています。奥二重の人や丸目で目が小さい人などにもオススメのメイクです。柔らかい印象だけど目力もアップします。
そのメイクアップ方法は、まず上まぶたのアイラインは目尻を太め、ハネ上げることなく下向きに描きます。本当の目尻よりも2~3ミリ長めに描きましょう。その後、目尻のくの字部分の粘膜と隙間を目尻側から3分の1ぐらいまでラインをひきます。目尻の三角の部分を塗りつぶす感じです。これで、基本的な形はできました。
アイシャドウは目頭に薄い色を、目尻には濃い色を選びましょう。
マスカラは上まつげは目尻をメインに、下まつげはきちんと長くつけるのがポイントです。
つけまつげを利用する場合は、目尻が長めの物を使用するか、ポイントまつげで目尻だけに重点を置くといいでしょう。
まつげエクステに頼るのも有りです。これも、目尻を長めにしましょう。
どれも、目尻を重くするのがタレ目のメイクアップの基本となります。
アイメイク以外の色味を抑えたメイクにすれば、男子に愛されるナチュラルメイクになります。この機会に可愛いモテメイクをマスターしてみましょう。

私の地元鹿児島のおススメ脱毛サロン → 鹿児島 脱毛サロン

洗顔の洗いすぎはスキンケアによくない

スキンケアをしっかりとしているつもりでも、お肌の調子がなかなかよくならないという人は、知らない間に自己流のスキンケア方法になってしまっていて、お肌に負担がかかっているのかもしれません。

しかりスキンケアをしたいからといって、洗顔もしっかり洗うことが正しい方法とは言えません。顔の洗いすぎは、お肌に必要な皮脂まで取り去ってしまうことにもなりかねません。洗顔をするときには、洗いすぎないように、保湿成分の入った洗顔料をつかって、優しく洗うことがポイントです。

摩擦によってお肌の皮脂をとりすぎてしまうこともあるので、お肌に摩擦を与えないように、しっかりと泡立ててから顔を洗うことが大切です。

そのために、ネットなどを使って、しっかりとふわふわの泡をまず作ります。その泡を顔に載せたら、泡を転がすイメージで顔を洗っていきましょう。

そのときに、強く顔をこするのもいけませんし、泡が気持ちいいからと言って、長時間泡をのせたままにするのも好ましくありません。結果的にお肌の皮脂を取りすぎてしまって、洗いすぎの状態にしてしまいます。

お肌の皮脂を取りすぎてしまうと、乾燥肌になり、それによってシワが増えてしまうこともあるので、皮脂をとりすぎないようにするのが正しいスキンケアといえます。